2009年11月01日

門前そば

私は寺社めぐりが好きだ。
最近では、善光寺深大寺、そして京都のお寺へ行ってきた。


などと言うと高尚な趣味を持っていると思われそうだ。

言いなおそう
私は門前そばめぐりが好きだ。

うまいそばをつかって
信者を虜にするという
神の信仰にうったるのではなく
胃袋に直接訴える
日本古来の匠の技
さすがである


そばを食いにお寺へ行くとは
牛につれられ善光寺詣りならぬ
そばにつれられ善光寺詣りである

さてその善光寺で「戒壇巡り」なる暗闇の中を歩くアトラクションを楽しんだあと
いざ向かったのは地元の人お勧めの
”丸清”
そこで食べたのはしっぽくそば(しっぽうそば)
昔はお偉い様が食べた料理らしく
具材がとても豪華
善光寺そば
味付けはお上品でとても満足

しかしそばを食べるために長野まで
しかも御開帳前に行ったのは失敗としか言いようがない。


さらに続くは深大寺の蕎麦
数多くの蕎麦屋がある
最近では
10割そばなのに10割じゃなかった
と偽装を行っていた店も発覚
当たり外れに注意である。
CA380029.JPG

写真は深大寺の本堂出たすぐそばの
”元祖嶋田屋”
ざると冷やし狸
地元の山菜のてんぷらが有名だが食べられなかったのは残念

ここもお勧めだが一番うまいなと思ったのは
”湧水”(ゆうすい)
チョー混んでるが
深大寺の湧水でさらしてあって
素晴らしいのどごし
人によっては水きりが甘い
なんて言うかもしれないが
その水自体がうまいので汁の代わりにそれつけて食えます。

あと最近行った京都
当然狙いはニシン蕎麦
であるが
千円以上でするものばかりなのであきらめてうどんを食べて帰ってまいりました。
ラベル:門前そば
posted by ブログ無限会社2600 at 18:42| Comment(0) | 門前そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。